国内アーティスト

東京事変の解散理由とは?結成から解散と復活の理由をまとめてみた

東京事変が再結成することが発表されました。

なぜ復活することになったのでしょうか?
そしてそもそもの解散や結成の理由はどうなっているのでしょうか?

今回はその理由を調べてみました。

スポンサーリンク

東京事変のこれまでの活動

ご存知の方も多いと思いますが、ここで東京事変ってどんなバンドなのかおさらいしてみましょう。

東京事変

2004年、椎名林檎が東京事変の活動を表明。 フジロックフェスティバルに初参戦、ホワイトステージのヘッドライナーを務め、入場規制がかかるほどの衆目を集める。
デビューシングル「群青日和」1stアルバム『教育』をリリース。 05年、伊澤一葉(Key.)と浮雲(G.)が参加、現メンバーが揃い制作した2ndアルバム『大人(アダルト)』がチャート第一位を獲得。 06年、08年には複数のアーティストを招いてのイベント「SOCIETY OF THE CITIZENS」を主宰した。 07年3rdアルバム『娯楽(バラエティ)』、10年4thアルバム『スポーツ』、11年5thアルバム『大発見』とテレビのチャンネル名を冠したオリジナルアルバムをリリース。
2012年1月解散を発表。 メンバー全員が夫々作詞作曲した楽曲を持ち寄ったラストアルバム『color bars』リリース。 2月に「東京事変live tour 2012 Domestique Bon Voyage」を開催、2月29日の日本武道館公演をもって活動を終了する。
https://tokyojihen.com/bio/

2004年のデビューから2012年の解散までに、シングル7枚、配信シングル2曲、アルバム6枚をリリースしています。

メンバーは2名の脱退がありましたが最終的に

  • 椎名林檎 Vo.Gt
  • 亀田誠治 Ba.
  • 浮雲(長岡亮介) Gt.(Ch)
  • 伊沢一葉 Key.
  • 刄田綴色 Dr.

この5名で落ち着いています。

スポンサーリンク

東京事変の結成理由

引用元:Twitter

ではそもそも東京事変はどうして結成されたのでしょうか?

椎名林檎としてデビューしてから、林檎さんが思う部分と世間やレコード会社の人が思う部分にだんだんとギャップが出てきてしまったようです。

たぶん、生涯私は亜流であり続けるつもりが、『無罪モラトリアム』発売して1年経って、『勝訴ストリップ』発売する頃には、ウェルカムな作品に変わっちゃったわけじゃないですか、状況が。

『あ、違う!そっちじゃないのに!』っていうか。そういうふうに言われるんだったらもっと違うやつ作りたい、みたいな。

RINGO FILE 1998-2008 161項

林檎さんとしてはPV撮影してるくらいなら早く帰って楽器を弾いていたいと思うし、『ゴーストライターがいるんでしょ』と言われることに嫌気がさしたり、いろいろなギャップが重なって椎名林檎というアイコンを脱ぎたいと思うようになったそうです。

そして単純に普通に人として生きたい、結婚したいと思うようになっていました。

そんな中、3rdアルバム『加爾基 精液 栗ノ花』のツアーをやることになった時に、メンバー選びをするのがすごく楽しかったそうです。

『演奏面白いから、この面白い人たちに対して書き下ろすっていうことだったら続けられる』って言ったんですよ。『次、なんか作らない?』って言われても、『うーん、イメージできません』っていう時に、『あ、でも、あの人たちに書き下ろすっていうことで考えれば、なんか浮かぶかもしんない』みたいなことで、始まっただけの話で。つまり、続けるために必要なスパイスを持ってる人たちだったっていう

RINGO FILE 1998-2008 176項

こうして林檎さんのモチベーションを保つために結成されたのが東京事変の始まりだったわけです。

東京事変の解散理由

引用元:Twitter

人気絶頂の中、東京事変は解散しました。その理由は何だったのでしょうか?

ネット上では様々な憶測が飛び交っていますが、有力な情報がありました。

「(バンド結成前のソロで活動時に)2003~2004年頃に入り音楽配信が始まりCDが売れない時代になって、みなさん暗いムードだったので私も家庭に入ろうかと思っていたんですけど、なんかこれやらないとな~と思い立って(バンドを)始めたんですね。で、それはもう一通り役割はやり果たしたかと一昨年頃に思いまして。そういう感じです。」

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1479945244

解散前にMステに出演したときにタモリさんが「何で解散することになったの?」と聞きました。その質問に対する林檎さんの答えがこちらです。

つまりはソロ活動に対するモチベーションが保てなくなり東京事変を結成したわけですから、東京事変として様々な活動をすることで再びソロ活動へのモチベーションが上がってきたのではないでしょうか。

それを裏付けるかのように、解散後の5月に「自由へ道連れ」という配信限定シングルをリリースし、ソロ活動を再開しています。

東京事変の復活理由

復活の理由についてはまだ本人の口から語られていません。

ですが、ネット上では復活は決まっていたんだというようにさまざまな「伏線」について語られています。

東京事変復活の伏線回収がすごい

https://twitter.com/tsukinimakeinu9/status/1212046827509313541

解散後に発表された「ただならぬ関係」はオリンピックの開会式のようなMVになっていて、今考えると2020年に復活することが決まっていたかのようです。

そして2010年に開催されたライブツアー「live tour 2010 ウルトラC」の ツアーグッズであるジャージにも『INCDENTS TOKYO 2020』 の文字が!

https://twitter.com/mayucham0302/status/1212052716064653312

東京事変は閏年がキーになっているようです。

椎名林檎の2019年のカレンダーが不自然に2月で終わっているのも2月29日に復活することを暗示していますね。

我々が死んだら電源を入れて
君の再生装置で蘇らせてくれ
さらばだ!

「能動的三分間」の英語の歌詞を訳した部分は林檎さんが解散を発表したときのコメントとしても発表しています。

だから復活のことを”再生”といっているのですね!!

東京事変の結成から解散、復活の理由まとめ!

東京事変復活とはとても嬉しいニュースでしたね。
復活を機に解散理由や結成理由が気になった方も多いと思います。
そしてこれからのツアーをはじめとした活動に期待です!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク